Jリーグの経営状況

Jリーグの経営状況

Jリーグは5月22日に、「2014年度 Jクラブ経営情報開示メディア説明会」を開催し、J1からJ3までのクラブの全51クラブのうち、3月決算である柏レイソル、ジュビロ磐田、Y.S.C.C.横浜を除く48クラブの14年度の経営情報を開示しました。全51クラブの開示は7月に行います。

Jリーグ側の定める厳しい決まり

なお、2014年度の決算が債務超過となったJ3のガイナーレ鳥取は来季のJ2ライセンス取得が不可能となることが発表された。

また、Jリーグ側が「3季連続赤字もしくは債務超過のクラブにはJ1・J2のクラブライセンスは交付しない」と強く呼びかけたことで、昨季まで5クラブあった3季連続赤字、11クラブあった債務超過のクラブが今年は0になる見通しとなりました。しかし、サガン鳥栖は現在2季連続赤字を計上しており、2015年度決算が赤字だった場合は、J1・J2のクラブライセンスが剥奪されることになってしまいます。

各クラブの経営状況

J1各クラブの損益では、浦和レッズが営業収益58億5400万円、営業利益2億1200万円と全クラブでトップです。ちなみにJ2の営業収益トップはジェフ千葉の23億円、J3の営業収益トップは鳥取の4億6000万円です。またJ1は、ガンバ大阪とヴィッセル神戸がJ1に復帰したことで平均値が増加。J2も平均は減少したものの2年前の12年度と比べれば、広告料収入、入場料収入など収入規模は拡大傾向にあるといいます。

また先日5月21日には横浜F・マリノスが年間5億~6億円規模とみられる維持費が経営を圧迫していたため、トップチームの練習場や本社機能を来年1月から、現在の拠点「マリノスタウン」(横浜市西区)からホームスタジアムのある日産スタジアム(同市港北区)周辺に移転すると発表しました。

JリーグJリーグ

JリーグJリーグ

何故Jリーグは赤字続きなのか?

・選手の年棒

赤字になってしまっているクラブの最も大きな原因は「人件費」、つまりはサッカー選手たちの「年棒」です。野球ほどではないものの、マスコミ報道によれば、J1の主力クラスで1000万円〜6000万円、J2の主力クラスで800万円〜2000万円というのが相場のようです。

・年間試合数が少ない

プロ野球の年間試合数は144試合であるのに対してJリーグの年間試合数はリーグ戦やカップ戦を合わせてもだいたい50試合ほどしかありません。Jリーグの主な収益源は「チケット料」のために必然的に試合数の少ないサッカーは野球チームと比べると収益が出づらく、結果として赤字になりやすくなってしまいます。

その他にもスタジアムの収容人数が1.5万〜2万人程度と少なかったりするので、1試合あたりの収益においても、野球と比べて遥かに劣ることになってしまいます。そのためクラブチームにとってはグッズやスポンサー会社にも頼るところが大きいです。勝敗に左右されない集客力こそが、クラブ経営を支える本当に大事な要素になっています。