革新者は変人なのか

革新者は変人なのか

ロジャースのイノベーター理論をご存知でしょうか?

これは社会学者であるエベレット・M・ロジャースが提唱した、イノベーションの普及に関する理論です。この理論において、ロジャースは消費者の商品購入に対する態度をもとに新しい商品に対する購入の早い順から、5つのタイプに分類しました。

・イノベーター理論における5つのグループ

・イノベーター(革新者)

新しいものを進んで採用するグループ。彼らは、社会の価値が自分の価値観と相容れないものと考えており、全体の2.5%を構成する。

イノベーターはその製品が実用的であるかにかかわらず、目新しさを支持して購入する層であるため、多くの人が共感するようかは別であるそうです。いわゆる熱狂的なファンのことですね。

・アーリーアダプター

社会と価値観を共有しているものの、流行には敏感で、自ら情報収集を行い判断する初期少数採用者のグループ。「オピニオンリーダー」となって他のメンバーに大きな影響力を発揮することがあります。全体の13.5%を構成する。

アーリーアダプターはその製品が提供する新しい価値や実用性に着目して購入するため、この層に支持されて初めて市場に受け入れられたと言えます。

・アーリーマジョリティ

「ブリッジピープル」とも呼ばれます。新しい様式の採用には比較的慎重な初期多数採用者のグループ。全体の34.0%を構成する。

 ・レイトマジョリティ

「フォロワーズ」とも呼ばれる後期多数採用者のグループ。新しい様式の採用には懐疑的で、周囲の大多数が試している場面を見てから同じ選択をします。全体の34.0%を構成する。

・ラガード

最も保守的な伝統主義者、または採用遅滞者のグループ。世の中の動きに関心が薄く、流行が一般化するまで採用しません。全体の16.0%を構成する。中には、最後まで流行不採用を貫く者もおります。

イノベーター理論

・普及率16%の論理

ロジャースはイノベーターとアーリーアダプターの割合を足した16%のラインが、商品普及のポイントであることを指摘し、これを「普及率16%の論理」と説きます。

こう見ると、イノベーターは世間の人からすると「変人」や「ミーハー」などと嘲笑されることもありますが、この人たちこそが最初に流行を築く人なのかと思います。

スティーブジョブズも最初にApple製品をお買い求め頂いた方(イノベーター)に向けてこの様な手紙を出したそうです。

変人の皆さん。

落ちこぼれ、反逆者、問題児、場違いなマヌケ、違う視点で考える人です。

ルールや状況に問題を抱く人もいる。彼らに説教しても、反抗してもよい。賞賛してもケナしてもいい。でも、無視だけはしてはダメだ。

彼らは世界を変え、人類を進歩させる。変人だと思える人々は、実は天才なのです。

本気で出来ると信じている変人だけが、世界を変えられる。