競技人口が最も多いスポーツ

競技人口が最も多いスポーツ

日本では野球やサッカーといったスポーツが人気ですが、実は競技人口で見ると、上位ではなかったりします。

今回は、日本国内と世界でのスポーツの競技人口をご紹介します。またここで言う「競技人口」とは、週に最低1回はその競技を本格的にたしなむ人の数を指します。(変動があるために正確な人数とは少し乖離があることご了承ください)

・日本国内で競技人口が一番多いスポーツは?

日本ではどのスポーツが最も競技人口が多いと思いますか?サッカーでしょうか?それとも野球でしょうか?

スポーツ財団が調査した結果によると、日本国内でのスポーツ競技人口(実施人口)で一番多いのは、実は「ウォーキング」なのです。日本ではウォーキングは立派なスポーツとして認められており、競技人口(実施人口)は2,000万人以上と言われています。

次に多いのがこれも少し意外ですが、「ボウリング」で約1,900万人、3位は「水泳」で約1,300万人となっています。サッカーや野球と違って、老若男女問わず出来るスポーツが上位を占めております。

以下、
4位 ゴルフ:約1,200万人
5位 バドミントン:約930万人
6位  卓球:約900万人

と続き、ようやく第7位で「サッカー」、第8位で「野球」が登場します。

サッカーは約750万人野球は約730万人となっています。団体競技での競技人口で考えると、サッカーは1位、野球は2位となりますが、競技人口(実施人口)だけで見ると、そこまで上位ではないようです。ちなみに、「バレーボール」は約650万人で第10位、「バスケットボール」は約570万人で第11位となっています。

・世界全体ではどんなスポーツの競技人口が多い?

1位 バスケットボール 4億5,000万人

世界で一番プレイヤーが多いスポーツは実はバスケットボールです。その理由に、女子バスケットボールが非常に普及しているところにあります。

世界全体では、世界スポーツ連盟に登録されている数字だけを参考にするならバスケットボールの競技人口が一番多いとされています。

世界バスケットボール連盟に登録されている競技人口は約4億5,000万人。サッカーは約2億5,000万人なので、大きく離されています。

2位 サッカー 2億5,000万人

1位のバスケットボールと大きく差が出ていますが、これはやはり女性への普及度合いの違いにあるそうです。

ワールドカップやUEFAチャンピオンズリーグなどの近年の盛り上がりを見ますとサッカーが1位だと思ってしまった人もいるのではないでしょうか?

3位 クリケット 1億数千万人

3位は意外と聞き覚えのない方もいらっしゃるかもしれませんが、クリケットです。

クリケットはインドを始めとするアジアの国々でものすごい人気があり、イギリス発祥のフィールドスポーツのクリケットは競技人口がサッカーに次ぐ、世界でも有数の競技人口を持つスポーツだと言われています。

しかし、実はこれは「クリケットは人口が12億万人もいるインドで人気なのだから競技人口も多いはず」と推測で作られた競技人口だったりもするのであくまで目安の数字になります。

4位 テニス 1億1,000万人

「2200万分の1」これは現在、世界ランキング5位で、先日世界で上位8人しか出れない、ATPワールドツアー・ファイナルで準決勝まで進出する快挙を成し遂げた錦織圭選手を表しています。

米国のマーケティング会社『スポーツ・マーケティング・サーベイ』によると、世界中のテニスの競技人口は1億1,000万人であり、その内の5人という意味で彼は、2200万分の1の存在と言えます。

理論値として、一般的には宝くじの1等の当選確率は約1000万分の1と言われていますのでそれよりも全然難しい数字になります。

5位 ゴルフ 6,500万人

ゴルフも世界的にはかなり人気のスポーツの様で日本とアメリカが大半を占めているそうです。

ちなみに野球は3,500万人で、野球の競技人口も日本とアメリカが大半を占めているそうです。ラグビーは意外に少なく約2,000万人、といったデータが出ています。

ただ、調査機関によっては、サッカーが1位だったり、バスケットボールが4位だったりするので、どこに基準を置くかで競技人口が変わったりする場合が実はあります。

もし日本と同じようにウォーキングをスポーツとして考えて集計したとなれば、また数字も変わってくるのではないでしょうか。

統計方法からなにからなにまで正確に比べられるものでもないのですが、こうした競技人口で見てみると、意外と予想と事実が違ったりするので新たな発見があります。