秀吉が感動した石田三成のおもてなしの心

秀吉が感動した石田三成のおもてなしの心

滋賀県にある、観音寺は石田三成と豊臣秀吉の出会いの地とされています。

寺の小僧だった石田三成が、鷹狩りで立ち寄った秀吉に茶を献じた際のおもてなしの心がきっかけで、秀吉に見出されたという逸話が残っています。

・三椀の才

三椀の才とは、秀吉が鷹狩りの帰りにお寺に立ち寄った際、当時15歳で寺の小僧をしていた石田三成が、

1杯目は大きい湯飲みにぬる目のお茶を、秀吉が2杯目を所望すると、

2杯目は中くらいの湯飲みに今度は少し熱いお茶を、秀吉が更に3杯目を求めると、

3杯目は小さい湯飲みに熱いお茶を出したことを言います。

・石田三成の思いやりの心

なぜ石田三成はこの様なお茶の出し方をしたのでしょうか。

ここに後世に伝わるおもてなしの心が隠されています。

石田三成は汗だくの秀吉を見て、こう思ったのです。

「秀吉は喉が渇いているだろうから、沢山飲めるように大きな湯飲みにお茶を用意しよう。その時に熱いとすぐに飲めないだろうからぬるめのお茶にしようと。」

秀吉が2杯目を求めると、まだ喉が乾いていると察した石田三成は「今度は1杯目ほどは喉が渇いていないだろうからさっきより少し小さな湯飲みに少し熱いお茶を用意しよう」と思いました。

そして、3杯目を求めた秀吉を見て、石田三成は「今度は喉は渇いていないだろうから、お茶の味を楽しんでもらうために熱いお茶を用意しよう」と思いました。

子供ながらに機転の利いた石田三成のその心遣いに秀吉はいたく感動し、三成を即座に登用したと伝えられています。

また、その後豊臣政権の内政面での政策中心人物であり、諸国の検地を実施し、農民政策にも関与していきました。

「気が利く」という言葉がありますが、相手の立場に立って物事を考えられる力と実行力。まさに現代に伝わる思いやりとおもてなしの心ですね。