ドローンが変える未来

ドローンが変える未来

皆さんはドローンと聞いてどんなイメージを思い浮かべるでしょうか?

持っている人は危ない人と思いませんでしたか?こちらの動画を見ると実はそんなドローンのイメージは払拭され、未来に全ての人が必要になるロボットであることを予感させてくれます。

「LILY」という名のドローン

こちらのドローンは「LILY」という名が付いています。

Lilyは空撮が可能で、空中に放り投げるだけで飛行を開始し、そのまま追尾しながら撮影してくれる機能があります。ドローンが自分を追いかけてくるという体験が全世界で共有される日がいつか来ると思うとすごいですね!

そして最初の1分ぐらいのところ。驚かれたと思いますが、なんと防水仕様です。なので、水の上に落ちても大丈夫なのです。

Lilyの果たす社会的意義

この機能の目的としては、当然カメラ撮影、動画撮影もありますが、更なる進化により、人命救助や災害情報の確認、流通配送の確認や、子供のための防犯機能といった役目も果たすことと思います。セコムなどの防犯会社はLilyを導入することで更なるセキュリティの強化を図れることでしょう。

より発達していくと、ドローンに関する法律が制定され、ドローンを飛ばすために免許が必要になったり、ドローン育成所なんかが出来たりするかもしれないですね。

Lilyが2016年ついに発売開始

このLILYですが、6/15までの、Pre-Orderに予約された方は、ほぼ半値で買うことができました。ただし、出荷予定は2016年の2月となっています。

予約での価格は499ドル(約6万円)。発売後は999ドルになる見込みです。世界はイノベーションにより知らず知らずの間にどんどん進化していっています。